すんでみ〜ね|美祢市 移住・定住支援サイト

メインイメージ

三世代同居等促進事業

市では、親子の相互扶助を促進するため、市内において住宅を取得された場合や、市内への転入により、三世代が同居又は近居になった場合に補助金を交付します。
※近居とは、親の世帯と子の世帯が居住する住宅が同一行政区内か、又は両住宅間の直線距離が1キロメートル以内とします。
※また、いずれかの世帯に孫が同居していなくてはいけません。

 

補助要件

平成28年4月1日以降、親、子のいずれかが居住するための住宅を市内において取得(新築・中古物件購入)されるか、
親、子、孫のいずれかの転入(賃貸住宅入居可)により、同居又は近居となり、かつ6か月以上経過した場合。
 ※ 市内転居(住宅取得の場合は除く)により三世代同居や近居となった場合は、交付対象とはなりません。
 ※ 既に三世代同居・近居となっている場合は、交付対象とはなりません。
 ※ 令和2年4月1日以降、三世代同居・近居となった場合は、「6か月以上経過した場合」の要件はなくなります。

補助対象者

親又は子とします。

補助金額

補助金額は30万円とし、3回に分割し、毎年度1回交付します。
毎年度交付する補助金のうち、3万円は美祢市商工会が発行する商品券とします。
 ※ 令和2年4月1日以降、三世代同居・近居となった場合は、全額美祢市商工会が発行する商品券とします。

備考

(1) 孫は、中学生以下とします。(交付申請時)
(2) 3年間のうちに、親、子、孫のいずれかが欠けた場合、補助要件に該当しなくなった場合は、補助金の交付をしません。
(3) 申請期間は、転入又は市内において親、子のいずれかが新たに居住するための住宅を取得してから6か月以上経過し、
   1年以内とします。ただし、申請開始までに補助要件に該当しなくなった場合は、補助対象になりません。
   ※ 令和2年4月1日以降、三世代同居・近居となった場合は、上記の“6か月以上経過し”を削除し、読み替えてください。

ダウンロード

【令和2年3月31日までに同居等を開始した世帯】

三世代同居等促進事業補助金交付要綱(78KB)(PDF文書)
申請書等(第1号様式~第4号様式)(142KB)(PDF文書)
申請書等(第1号様式~第4号様式)(31KB)(Word文書)
請求書等(第6号様式~第8号様式)(106KB)(PDF文書)
請求書等(第6号様式~第8号様式)(27KB)(Word文書)

【令和2年4月1日以降同居等を開始した世帯】

三世代同居等促進事業補助金交付要綱_R020401 (152KB)(PDF文書)
申請書等(様式第1号~様式第4号)(126KB)(PDF文書)
申請書等(様式第1号~様式第4号)(21KB)(Word文書)
請求書等(様式第6号~様式第8号)(98KB)(PDF文書)
請求書等(様式第6号~様式第8号)(20KB)(Word文書)

 

お問い合わせ

美祢市 総合政策部 地域振興課
電話番号:0837-52-1128
FAX番号:0837-53-1959
メールアドレス:chiikishinkou@city.mine.lg.jp

ページの先頭に戻る