すんでみ〜ね|美祢市 移住・定住支援サイト

メインイメージ

移住者・住宅購入者インタビュー

2020/03/12

梨づくりとゲストハウス運営の二足のわらじ。やりたいことで生きていく喜びを実感。

木村幸弘さん
創業
就農
移住者

image

Qいつ美祢市に?
移住したのは2019年4月です。ゲストハウスをオープンしたのは、その年の7月末です。
Q移住前のお仕事を教えてください。
セールスプロモーション関係やスポーツウェアを作る会社に勤めていました。東京が長かったのですが、辞める前の3年間は転勤で北九州に住んでいました。その後、美祢市へ移住しました。
Q移住地を美祢市に決めた理由は?
梨づくりをするためです。きっかけは、たまたま旅行で美祢に来て、毎年、梨農園が3軒くらい閉園していると知り、「じゃあ興味があるので僕がやります」と手を挙げたことでした。
昔から林業や漁業、農業に興味があり、後継者がいないという理由で廃業しているのをもったいないと感じていたからです。しかも僕は果物の中で梨が一番好きなので、同じ農業をするなら自分の好きなものをつくりたいと思いました。
Q美祢市への移住に対するご家族の反応は?
特に反対されることもなく、「好きなようにやっておいで」という感じでした。僕は大阪出身ですが、北海道の高校に行き、それからアメリカの大学に行き、帰国後は仕事で日本各地を転々としていましたから抵抗はなかったみたいです。
Qなぜゲストハウスを開設しようと思ったのですか?
image
「梨農園に近いところ」という条件で住居を探し、営農組合の方の紹介で現在の古民家を購入しました。僕一人で住むには十分過ぎる広さで、部屋も余っていまして、この状況を何かに活かそうと、まずは九州や東京、大阪から遊びに来る友だちのためにゲストルームを作ることにしました。
でもそんなに頻繁には来ないので、だったらいっそゲストハウスにしようかと。僕は日中ずっと梨農園にいますので接客が必要になる副業は難しいですが、ゲストハウスだったらチェックイン、チェックアウト時以外は不在にしていても特に問題ありませんので好都合だったんです。
Qドッグランを併設した犬同伴OKのゲストハウスなんですね。
image
うちには大型犬のグレートピレニーズがいるんですが、一緒に泊まれる宿やホテルが本当に少なくて、僕自身が旅をしづらい経験を何度もしてきました。なので、どうせゲストハウスをするなら犬も一緒に泊まれる場所にしようと思ったんです。
ですからうちは犬同伴大歓迎です!家の裏にドッグランもあり、前にも自由に出れる庭があります。梨農園の仕事の合間を縫ってつくりました。
Q移住、ゲストハウス開設に際し、美祢市のサービスは利用されましたか?
移住関連と新規就農の補助金を利用しました。梨組合の皆さんや市役所の方にいろんな情報をいただき、助かりましたね。
Q梨づくりとゲストハウスと、現状はいかがですか?
image
昨年の11月に初めて自分の農園で梨づくりを始めたばかりで、それまではほかの農園でお手伝いしながら経験を積ませてもらっていました。ですから、梨づくりに関しては未知の部分が多く、とにかく目の前のことをやっていくという気持ちで取り組んでいます。
ゲストハウスは週末にポツポツ利用がある程度ですが、カフェも含めリピーターは少しずつ増えています。ただ、僕にとって梨づくりの方がメインなので、ゲストハウスが忙しくなりすぎても困ります。今の梨農園9割、ゲストハウス1割くらいのスタンスで両方長く続けていけたらいいなと思っています。
Q移住に際して不安だったことはありますか?
どこに移住するにしても不安はつきものだと思いますが、僕の場合は梨づくりという目的があったので、「とにかくやってみよう!」という気持ちだけでやってきました。土地のことも人のことも経済的なこともわからなかったですが、経験しながら対処していこうと思っていました。
Q移住前後で美祢市への印象は変わりましたか?
梨づくり以外にはそんなに興味がなかったので、そもそもの先入観がありませんでしたから、印象が変わったということはなかったです。けれど住んでみて、厳しく辛い思いも何度かしましたが、中には親切な人もいて救われました。
自然が豊かだし、住みやすいなとは感じています。僕は秋吉台がすごく好きなので、ゲストハウスのお客さんや遊びに来た友だちには案内しています。自分自身は仕事が忙しくて、なかなか行く機会がないんですけどね。
Q今後の展望を教えてください。
まずは梨農家として独り立ちすることです。いつか心から「梨農家になってよかった!」と思える日を迎えたいです。そして、移住・就農に関する成功のモデルケースになり、自分の経験をもとにアドバイスできる存在になりたいです。
移住を考えている方の足がかりになってたくさんの人を呼び込み、美祢市を元気にしていきたいですね。それと、梨農家として自立できたら、いずれはゲストハウスで英会話教室を開きたいです。「こんな田舎なのに小さい子どもからお年寄りまでみんな英語が話せるの!?」っていつか驚かせたいですね(笑)。
Q最後に、美祢市に移住を考えておられる方にひと言お願いします。
移住に関してわからないことや不安なことがあったら、「木の村withオフ」に足を運んでください。移住して新規就農した僕だからこそお答えできることがきっとあると思います。そのうえで、美祢市の暮らしに共感できた方、欲をいえば農業に意欲がある方はぜひ移住してきてください。一緒に美祢市を盛り上げていきましょう。

プロフィール 木村幸弘さん
職業:梨農家、「木の村withオフ」オーナー
出身地:大阪府
現住所:山口県美祢市秋芳町
移住した年:2019年4月

木の村withオフ 山口県美祢市秋芳町青景1888-1
080-4153-4889
https://www.woodvillagewithoff.com

一覧へ戻る

お問い合わせ

美祢市 総合政策部 地域振興課
電話番号:0837-52-1128
FAX番号:0837-53-1959
メールアドレス:chiikishinkou@city.mine.lg.jp

ページの先頭に戻る